スカシユリ&ツルハナナス

2020年6月28日(日)雨・曇 スカシユリが1輪だが咲いた。蕾の様子から明日1輪、明後日1輪咲くだろう。1本の茎に8個の蕾がついている。一度に咲いたら見事だろうな。他に2本あるが、咲くのは7月に入ってからだろうと思う。楽しみに待つことにする。 このスカシユリは、15年ほど前になるだろうか(うろ覚えで恐縮である。)?とにかく古いことなの…
コメント:0

続きを読むread more

コアジサシ その4

2020年6月27日(土)曇一時晴 蒸し蒸し度100パーセントにうんざりしています。梅雨らしいといえばそれまでですが、じめじめがないぶん救われているのでしょう。今夜は、クーラーのお世話にならないと安眠はできないかもかもですかね。  きょうは、コアジサシその後、ヒナの成長を載せます。お付き合いください。  コアジサシ 当地の保護区に、…
コメント:2

続きを読むread more

大賀ハス

2020年6月24日(水)曇一時晴 初夏を彩る花の一つとして「大賀ハス」を上げることができる。昭和26年(1951年)3月30日に1個、4月6日に2個の蓮のみが、千葉市検見川の東京大学検見川厚生農場(現東京大学総合運動場)だった泥炭地で、大賀一郎博士と地元小中学生らによって発掘された。そして、この実の1個が翌年の昭和27年7月18日に、…
コメント:0

続きを読むread more

アガパンサス

2020年6月23日(火)雨・曇・晴 蒸し暑さが戻ってきた。目覚めたころは、肌寒かった。寒がりは、迷わず長袖ポロを着込む。迷うべきだったな。いやあ、失敗、失敗の巻き。  梅雨時になるこの花は目覚めるようだ。青紫色したギボウシのような花が、1本の花茎にたくさん咲く。南アフリカ原産、ユリ科のアガパンサスだ。花期は、6月~8月 白色の花もあ…
コメント:0

続きを読むread more

散歩だより その3

2020年6月19日(金)雨 終日雨。暑さも一休み。梅雨である。雨はしかたがないが、暑さを忘れさせてくれることはありがたい。  ユニクロのマスク販売初日。野暮用で出かけたおりに覗いてみるが、本日売り切れの貼り紙が出されていた。開店前の30分ほどで、本日販売予定数の整理券がなくなったそうだ。雨の中、早くから並んだようだ。大きな店舗は別と…
コメント:2

続きを読むread more

アジサイづくし

2020年6月18日(木)曇 黒雲に覆われ出す。風も湿り気をおびてきた。当地の雨予報は、今夕からとされているが、早まるのかもしれない。この3日間(月・火・水)は真夏日が続き、大地も乾ききっている。ここいらでお湿りはありがたいが、単なる雨降りでなさそうだ。お天気キャスターは、非常に強い雨となる。土砂災害にも注意するよう繰り返す。  きょ…
コメント:1

続きを読むread more

コアジサシ その3

2020年6月16日(火)曇・晴 真夏日が続く。昨年の今ごろもこうだったのかな?まるで記憶はないが。この暑さに熱中症に罹る方が急増しているという。昨日も真夏日だった。その炎天下、コアジサシの雛の様子を見にのこのこ出かけた。海風はあるものの容赦なく照りつける。対策はしているが、マスクはきつい。冷たい水もぬるくなてしまうが、水分補給や1時間…
コメント:0

続きを読むread more

コアジサシ その2

2020年6月14日(日)雨 梅雨は始まったばかりですが、早くも嘆き節状態です。短めの首をめいっぱい伸ばし、梅雨明けを待ち焦がれています。(^□^) どこへ行くわけでもありませんが。  2度目のコアジサシウオッチングに出向いた時の写真を載せます。お付き合いください。  この時(6月9日)は、3組のカップルに雛が孵っていました。懸命に…
コメント:0

続きを読むread more

蝸牛と紫陽花

2020年6月12日(木)晴 梅雨に入りしましたが、きょうは、朝から青空が広がっています。気温は30度と真夏日ですが、湿度もかなり高く、蒸し蒸し状態です。じっとしていても汗がじわり出てきます。不快なのですが、わが国特有のこと、いたしかたありませんね。上手につきあうしかありません。  梅雨に似合う花は、紫陽花が一番かもしれません。絵本の…
コメント:0

続きを読むread more

散歩だより その2

2020年6月11日(木)晴・曇 当地も梅雨入りする。平年より3日遅く、昨年より4日遅い梅雨入りとなる。気象ニュースで、梅雨入りしたことが報じられるもピントこない。外はかんかん照りなのだ。昨日からの大風がいまだ止む気配がなし。この強風で梅雨雲も吹っ飛ばされてしまったのかな。気象キャスターは、これから本降りとなる。強い雨脚に要注意をという…
コメント:0

続きを読むread more

クジャクサボテン咲く

2020年6月10日(水)晴 6月の10日といえば、「時の記念日」ですね。何故、きょうになったのかは、棚の上に置くことにします。老いる道を着実に歩んでいます。時を止めることはできません。ならば「時」を大切にしているかと問われると、NOであるのです。「時は金なり」なんぞというありがたいお言葉もありますが、「何事も分からなくなる」症状が出な…
コメント:0

続きを読むread more

ハマヒルガオ

2020年6月8日(月)曇・晴 小学校に日常が戻ってきたようだ。2ヵ月以上も静まりかえっていた校庭に児童の声が響き渡る。静けさに慣れたこともあり少々うるさく感ずるも元気に遊ぶ児童の声を耳にし、何故かほっとする。給食も始まったようだ。本来の小学校に戻り始めているのだろうか。「当たり前が当たり前に」となるには、まだ少々時間を要することと思う…
コメント:0

続きを読むread more

コアジサシ

2020年6月7日(日)曇・晴 梅雨入りは何時になるのだろうか。週間天気予報を見ると今週末には入るように思えるのだが。梅雨入りしたなら何かあるのと問われると、なあんもない。(笑´∀`)  コアジサシが、今年も当市の浜辺に飛来した。お相手を探すものやいち早くカップルとなり営巣も始まっている。その飛来数だが、昨年よりも多いように思える。 …
コメント:0

続きを読むread more

散歩だより その1

2020年6月4日(木)曇・晴 蒸し暑さが日毎に増している。空模様も怪しさを増してきた。当地にも梅雨入りが、ひたひたと近づいているように思えるがいかがだろうか。  コロナ関連対策の一つ「特別定額給付金申請書」が2日前に届く。また、「アベノマスク」も昨日届く。とりあえずマスクは足りている。見た目には、汚れなんぞはみえないが、小さめであり…
コメント:0

続きを読むread more

水無月ー紫陽花ー

2020年6月1日(月)曇・小雨ぱらつく 6月初日の当地は、蒸し蒸しべとべとの季節到来と言わんばかりの空模様です。身体を梅雨バージョンにというありがたい天の配慮かもしれませんがね。梅雨入りは、今週末か来週初めなのでしょう。 和風月名(陰暦)は、「水無月」ですね。どうして水なし月なのか?。調べてみる。今さらですがね。諸説ありました。(省略…
コメント:0

続きを読むread more