Hunter

2019年11月5日(火)晴
 秋晴れが続く。青空大好き爺は大歓迎である。ずっと続いてほしいと願う。

 さて、最近のバードウオッチングにて撮ったものの中からご馳走キャッチシーンを載せます。お付き合いください。

 お目当てのオニアジサシは、遠すぎてカメラには収めることができず、見ただけとあいなったしだいです。が、そのまんま撤収ではもったいないゆへ、ねらってみた中からご馳走をゲットしたお鳥さまを載せることにします。

 アオサギ 足輪が着いています。この番号を見るとどこで付けられたのかわかるようです。
DSC_9109.JPG
 足指の辺りをみるとコサギのようですが、大きさからするとチュウサギかもと、紅葉マークにはわかりません。_(._.)_
DSC_8520.JPG
 捉えた魚は、ハゼのようにも見えましたが??この子は、名ハンターです。この後も立て続けに魚を捕え丸呑みでした。
DSC_8521.JPG
 ハジロカイツブリだと思いますが、違ったならごめんなさい。
DSC_8748.JPG
DSC_8899.JPG
 カンムリカイツブリ
DSC_8827.JPG
 アオサギ この子も名ハンターです。
DSC_8968.JPG
DSC_9028.JPG
 ボラの幼魚 野鳥たちのご馳走はこの魚が多いようだ。PLフィルターを付けていればもう少し鮮明になるのでしょうが。
DSC_9088.JPG
DSC_9171.JPG
 毎回成功するわけではありません。
DSC_9173.JPG
 名誉のためにもゲットできたシーンを載せておきます。
DSC_9182.JPG
 ダイサギ ミヤコドリを夢中で撮っていると、背後で、ねえーねー見て見てよと聞こえた気がするので、振り向くと魚を加え近寄ってくるダイサギがいました。逆光です。下手の横好き、ここまで明るく撮れたなと思います。(百パー自己中です。)
DSC_9769.JPG
 他 ミヤコドリ(若)
DSC_8563.JPG
 ミヤコドリ(成) 貝をくちばしで上手にこじ開け実を食べる。スズガモ貝殻ごと食べてしまうという。
DSC_9718.JPG
DSC_8597.JPG
 ヒドリガモ♂
DSC_9127.JPG
 セイタカシギ 長い足がうらやましい。
DSC_9281.JPG

 当地でも秋色を徐々に見ることができるようになってきました。秋色本番を楽しみにしています。
 本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント