冬鳥 他

2019年10月24日(木)曇一時晴
 今にも泣き出しそうな空模様に変ってきた。非常に大きな台風21号が、小笠原諸島を北上中。直接の危機は免れるようだが、九州付近で低気圧が発生。両者の影響により今夕から明日一杯、大雨となる予報が出され、警戒を呼びかけている。特に、19号により浸水した地域は、追い打ちの追い打ちにならぬことを願わざるにいられない。

 冬鳥の南下が始まってはいますが、季節の進み具合がおくれているようで、飛来数が例年より少ない気がします。先日、飛来情報もあるある地へ出かけてみたまし。乏しい収穫でしたが、この目で確認したオシドリやマガモをアップします。もちろんその他付きです。お付き合いください。

 オシドリ 留鳥(信州・東北などの奥地や北海道)もいますが、冬鳥としてロシアなどから渡ってくるものもいるそうです。確認したわけではありませんが、当地のとある池には通年暮らしているという情報もあります。
 オシドリは、仲の良い夫婦の代名詞となっていますね。万葉集にも「をしどり」と、愛おしいことを歌っているようですが、実際は違うようです。雄は、ど派手ですが、雌は大変地味です。
DSC_8046.JPG
 カモ類の中で、一番美しい鳥と称する方もいらっしゃいます。雄はど派手です。どこにいても目立つはずですが、日中、なかなか目につきやすく障害物のない場には、ほとんど姿を見せることが少ないですね。
DSC_8060.JPG
 子育ては、雌がし、雄は一切手を出さないようです。子育て期間中は、暇な雄同士集まってのんびりしているように見えるようです。巣は、樹の洞らの中、鶏と同じように孵化したときは、すでにもふもふ状態だそうで、10mくらいの高さから地上に飛び降りそうです。雑食性、ドングリなどの木の実や水生昆虫など食べるそうです。夜行性。
DSC_8076.JPG
 マガモ♂ 
DSC_8000.JPG
 マガモの♀ 雄と比べると地味ですね。
DSC_8002.JPG
DSC_8010.JPG
 他に、ジョウビタキ♂を見ましたが、空模様がおかしくなってきたのでカメラをしまった後でした。他に出合った鳥は、カワセミ、メジロ、ウグイス、シジュウカラ、ヤマガラ、ヒヨドリ、キセキレイ、カルガモ、ハシブトガラスでした。
 シジュウカラ 一年中見られます。植物にとっては、派を食い荒らす幼虫を捕ってくれる益鳥でしょうね。
DSC_8098.JPG
 よぶん
 キンモクセイ(金木犀):モクセイ科 咲き始め直後
DSC_7962.JPG
 ベランダから見下ろしています。
DSC_7961.JPG
DSC_7964_01.JPG
 タマスダレ(玉簾):ヒガンバナ科 群生写真は、ボケピンになってしまいましたもので。
DSC_8496.JPG
 ホーム上にあるマンホールは、珍しいと思いますが。
DSC08083.JPG

 朝晩の気温はずいぶん下がりはじめました。風邪を召しませんようお気をつけください。また、明日は、大雨になる予報が出ております。再び、大きな災害にならないよう願っておりますが、もしもの場合、早め早めの避難をされてください。

 きょうも拙いうブログにお付き合いいただきありがとうございました。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

mm
2019年10月25日 10:22
オシドリ、マガモ子供の絵本に出てくるようですね
キンモクセイは出先でよく見かけ、秋の香りを満喫しています。
ひま爺
2019年10月26日 06:34


>mm様
>
>おはようございます。
昨日は、猛烈な雨に見舞われました。わずか半日で、10月1ヵ月分の雨が降ったといいます。mm様のお宅はいかがでしたでしょうか。災害の少ない千葉県ですが、今年は、踏んだり蹴ったりです。もういりません。
拙いブログにコメントを賜りありがとうございます。これからは、冬鳥のシーズンです。楽しみが増えます。金木犀の香りはいいですね。何時までも香っていてほしいのですが、そうもいかないようです。
朝夕、ずいぶん冷え込むようにまいりました。どうぞお身体ご自愛ください。