下手の横好き写真

アクセスカウンタ

zoom RSS お洒落なカモ−ヨシガモー

<<   作成日時 : 2019/02/22 12:24   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

               2019年2月22日(金)晴・曇
 昨夜、北海道胆振地方で、震度6弱の大きな地震が起きた。震度7の大地震が起きたのが昨年の9月である。悪夢再びであるが、今のところ大きな被害はないようだが、雪の中、時が進むに連れわかることもあるだろう。幸いと言ったらお叱りをちょうだいするかもしれないが、大怪我や亡くなった方の報告はない。先ずは、ほっとする。

 野鳥の中には、多彩な色をしているものが多い。特に、雄はその傾向が強いようだ。実にお洒落である。おかげで、素人にも雌雄の判別ができる。しかし、雌雄同色のものもいるからややこしい。専門家は、わずかな違いを見て教えてくださる。聞いたときは、わかったような気になるも時を過ぎると、ちんぷんかんぷんである。(:-)

 ヨシガモを見ることができる場が、ネットに載っていた。上野不忍池で見たのは、20年ほど前になる。以来、なかなかお目にかかることなく過ぎてきた。早速、しっぽを振るがごとく出かけてきた。
 投稿者は、5羽と記してあったが、この日は、おるおる、両手の指を駆使するも足りないので、カウントはやめにした。そこで知り合った方曰く、この場は、ヨシガモのメッカだという。知る人ぞ知る。知らぬは我だけなり。じゃんじゃん。
 ヨシガモいろいろ
画像
 ヨシガモ♂ 見る角度や日の当り具合によって、いろいろな色に見える。とってもきれいカモである。むさくるしい爺だが、お洒落に気を遣ったならすこすはつんがうかな(かなりひどい訛りだ。どこの地域でもないよ。)
画像
画像
 ご夫婦のようだ。カモがペアーになる儀式のようなものをこの時期何度も見る。向かい合って何度も何度も“おじぎ”をしあう。おじぎのしかたが悪いのか何が気に入らなかったのかわからんが、ぷいと雌が離れていくこともある。そんなときは、同性のよしみ、雄に向かってエールを密かに送る。成就した場合は拍手かな。
画像
画像
 ナポレオンの帽子のように見える。
画像
 食事中のようだ。
画像

 この日であった鳥たち
画像
 オカヨシガモ♂♀
画像
 何をしでかしたのか?追われている。
画像
 ウオーミングアップ中かな?カモたちは、ときおりこのようなしぐさをする。そのときの羽音にはびっくりだもんね。
画像
 ハシビロガモ♂
画像
 ハシビロガモ♀
画像
 オオバン 餌をゲットしたようだ。
画像
 カイツブリ
画像
 キンクロハジロ♂
画像
 ヒドリガモ
画像
 これは何をしているのかな?やだー撮らないでとにらまれそうやな。
画像
 上の逆さになっている鳥の写真は、コブハクチョウが餌を取っている最中
画像
 ピラカンサの実を食べるメジロ。邪魔な枝のないところで実を食べてくれることを期待、頼んだが通じなかった。まだまだ修行が足りないのである。

 JAXAのみなさん、そして、この探査に関わったみなさんまことにおめでとうございます。

 探査機はやぶさ2が小惑星リュウグウへの着地に成功した。地球からリュウグウまで片道2億8,000kmあるそうだ。着地地点は、幅6mだそうだ。はやぶさ2の幅も6mだという。少ない脳みそでは、考えつかない距離である。ピンポイント着地をさせる技術の高さを誇りに思う。帰還は、来年12月のようだ。無事の帰還を祈る。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
お洒落なカモ−ヨシガモー 下手の横好き写真/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる